ほうれい線

ゴマに隠されたアンチエイジングパワー

ゴマというと小さい黒い粒になりますが、小さなゴマを食べるだけで、健康を保つことができるとは思いもよらないでしょう。
しかし、ゴマは食卓には欠かせない食べ物になっています。
たまにしか食べないという人もゴマは単独で食べるということはなく、何かと一緒に食べることがほとんどです。

そうしたとても小さいゴマについてのアンチエイジング効果について解説してみましょう。
ゴマに含まれる健康成分として有名なものは、セサミンになります。
セサミンの他にもタンパク質、リノール酸、カルシウム、鉄分、ビタミンEなどの美肌効果に効く成分がたくさん含まれています。

そのため、小粒のゴマだと思っていてもその美容効果やアンチエイジング効果は見逃せないものだともいえます。
それ以外にも体重が減り、肌年齢もアップし、体脂肪率も減少するなどその効果は目を見張るものがあります。
特に注目して欲しいのは、セサミンです。

セサミンは抗酸化作用がとても強く、体内で脂質の増加を抑えることができます。
特に肝臓内でセサミンの抗酸化作用は力を発揮します。
また、ビタミンEに関しては、その濃度の低下を軽減することもできます。

セサミンの威力はこれだけではありません。
毎日飲み会が続くようなら、ゴマを食べておきましょう。
そうすれば、肝臓でのアルコールの分解も助ける効果があります。

このような素晴らしい効果のあるゴマですが、少しだけ注意点があります。
ゴマはとてもカロリーが高いものです。
そのため食べ過ぎないようにしましょう。

また、消化吸収が悪いのが難点です。
生でそのまま食べるよりも加熱したゴマを食べるようにしてください。
食べ方としては、例えば、切りゴマやすりゴマなどもありますので、消化吸収のよい調理したゴマを食べると効果的です。
ごくまれにゴマアレルギー体質の人も存在しますが、それ以外は食べ過ぎにだけは気をつけて、ゴマの持つ素晴らしいアンチエイジングパワーにあやかりましょう。

Copyright© 2011 肌の健康維持のために必要な事 All Rights Reserved.