ほうれい線

日本酒のアンチエイジング効果

お酒でもビールやワインなどがありますが、日本酒というと日本人だけではなく、健康ブームにより和食とともに飲む日本酒が受けて、海外でも人気の飲み物となっています。
もちろん、和食に日本酒が合うのは当然のことです。
しかし、おいしさだけではなく、飲むだけでアンチエイジング効果もあるということがわかっています。

飲みすぎはよくありませんが、日本酒を飲む人は、アンチエイジング効果で肌がとてもツヤツヤしていることがあります。
日本酒の成分というと、数百種類あるといわれています。
そして、アミノ酸をはじめとして、健康にとてもいい栄養素が含まれています。

その代表的なものが、ブロリンやアルギニンです。
ブロリンは肌のコラーゲンを構成する働きがあります。

さらにアルギニンは、肌のうるおいを保つような効果があります。
日本酒に含まれている成分で米の細胞壁に含まれるフェルラ酸は、紫外線が皮膚へ吸収されるのを抑制することができます。
こうした栄養成分が含まれる日本酒は、ぜひ飲んでおきたいアルコールです。

また、アルコールを体に摂り入れたときに、血管が拡張して体が温まりますが、その後体を冷やしてしまいます。
しかし、日本酒は少し違います。
同じように体を温めますが、血管が拡張した後に血管の収縮を阻害するアデノシンが含まれています。

つまり、日本酒を飲んだ後でも、体がぽかぽかと温まったままでいられるということです。
血管も拡張されていますから、お風呂上りのように筋肉もいい具合にほぐれているということになります。
血行がよくなれば、保湿成分ともいえるフェルラ酸が体の隅々まで行き渡るようになります。

日本酒はアルコールではありますが、百薬の長とも呼ばれるものですので、その昔から薬のようなものとして考えられてきました。
日本酒の飲みすぎには注意したほうがいいのですが、一回の飲酒では2合程度に抑えて健康を意識した飲酒を心がけましょう。
お酒を飲んでアンチエイジングができるなら、お酒を飲むことも楽しくなります。

Copyright© 2011 肌の健康維持のために必要な事 All Rights Reserved.