ほうれい線

成長ホルモンを味方につける!アンチエイジング

アンチエイジングを考えるときに、一つ忘れてはならないものがあります。
それは成長ホルモンです。
成長ホルモンというと子どもなどの成長期に出るようなホルモンだと思うかもしれません。

成長ホルモンは、人の体内で生成され、成長を促すホルモンとしてよく知られているものです。
代表的なものとしては、先ほどにもあったように、子どもから大人へと成長する過程で、体を変化させることができるものです。
もちろん、成長ホルモンは子どもの時期によく働くものですが、成長が終わった後大人になってからも同じように作用していることを知っているでしょうか?もしかしたら、子どものときだけだと思っていたら、それは少し間違いかもしれません。

大人になってからの成長ホルモンの作用は、実はアンチエイジングについての作用に大きな効果をもたらします。
成長ホルモンの効能として主なものは、身長を伸ばし、骨や筋肉を作ります。
そして、代謝を促すものです。

さらに老化防止、すなわち、アンチエイジングの効果もあるということです。
大人になると成人病や老化を予防してくれますし、若々しい体を維持することができます。
成長ホルモンは大人になっても大変大切な物質だということになります。

他に気になるお肌との関係はどうでしょうか?若々しいお肌を保つには、ヒアルロン酸、コラーンゲンなどの成分です。
これらの成分により保湿力が増し美肌を維持しているのです。
しかし、日々の紫外線によるダメージや歳を取ることで、お肌も痛んでいきます。

成長ホルモンにより、お肌を修復し、元のみずみずしい肌へと戻す働きがあるということです。
歳の割にはみずみずしい肌をしている場合、十分な成長ホルモンが分泌されているということです。
成長ホルモンは、十分な睡眠と適度な運動が鍵ですが、食べ物によってもその分泌を促すことができます。
例えば、大豆食品やエビ、鶏肉、ナッツ類です。
これらに含まれるアミノ酸のうちアルギニンが成長ホルモンを活発にします。

Copyright© 2011 肌の健康維持のために必要な事 All Rights Reserved.