ほうれい線

アンチエイジングと長寿遺伝子

アンチエイジングとは若返りですが、若返りを実現するには、遺伝子も関係してきます。
特に長寿遺伝子と呼ばれるものが、ここではポイントになります。
老化と遺伝子の仕組みを知るとアンチエイジングの秘密についてもよく知ることができます。
実は遺伝子の中にも老化をコントロールしている遺伝子があります。

その遺伝子のことを長寿遺伝子と呼んでいます。
その遺伝子をうまく動かすことができれば、アンチエイジングにも効果があるとされています。
長寿遺伝子は、普段は機能していない状態になっています。

つまり、スイッチが入っていない状態です。
老化を抑制するためには、長寿遺伝子のスイッチを入れて動かしていく必要があります。
長寿遺伝子はSir2(サーツー)と呼ばれるものです。

長寿遺伝子は、つい最近発見されたものです。
まだ新しいものですが、研究もどんどん進んでいます。
長寿遺伝子にはいくつかの働きがあります。

細胞を修復するたんぱく質を活性化したり、細胞死アポトーシスを制御したり、インスリンのコントロール、ミトコンドリアをコントロールする働きもあります。
インスリンは老化に関連するものです。
ミトコンドリアは、細胞のエネルギーを作り出す働きがあります。

こうしたアンチエイジングに関する遺伝子を活性化させる方法にはどのようなものがあるのでしょうか?例えば、カロリーを制限する方法です。
カロリー制限でミトコンドリアがNADという物質を作り出し、これが長寿遺伝子にまとわりつき、長寿遺伝子が活性化します。
カロリーを制限すればいいのですが、数値上はバランスよく食べている場合の60%程度だとされています。

しかし、そこまできちんとしたカロリー制限はできないので、腹八分目ぐらいの分量に抑えて食事の量をコントロールしてください。
他には、赤ワインや干しぶどうなども長寿遺伝子を活性化させることができます。
最後は適度な運動も長寿遺伝子を活性化させます。
まだかわっていないこともありますが、これからの研究が楽しみです。

Copyright© 2011 肌の健康維持のために必要な事 All Rights Reserved.